精神に支障をきたすもの

女性の仕事をしている中で、職場で悩みを抱えるようになることが往々にしてあるでしょう。その悩み次第で自分の心を深刻な状態にしてしまうことが考えられて、場合によってはうつ病を発症してしまうくらいの要因にもなりかねません。人は生きている限り理想を掲げ続けるものであるのと同時に、その理想を叶えるために悩みを抱えてしまうことは避けられないのです。仮に、その悩みをクリアして目標を達成したとしても、次の目標を掲げた際に、その目標を達成するための業務改革に頭を悩ませてしまい、結局悩みを中心とした堂々巡りに苛まれる方がいても不思議ではないのです。極端に言えば、人は常に悩みと表裏一体となって生きていることに等しいと感じてくるくらいなのです。それでも、悩みがあることで現状を良い方向に変えていこうとするモチベーションが喚起されていき、その姿勢こそが人としての成り立ちを形作っているのだと捉えている方は少なくないはずなのです。
自分が希望した女性の仕事で、何かと気苦労が耐えないという方が少なくないでしょう。ある人では、「この悩みさえなければ全てが上手くいくのになあ、この悩みを誰かに打ち明けて何か良い解決策を導き出してもらおうかな」という行動を起こそうとする方がおられると思います。自分を陥れていく悩みが社会生活の質を著しく低下させていくストレスの元凶と感じたときに、何とかしてその悩みを解決できないものかと意識を集中させていき、あたかも滞った血液の流れを良くしていくような行動力を起こさずにはいられなくなるのは要所々々で発生することだと思うのです。

★女性の仕事の悩み<http://www.women-work.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です